ホーム > 牧師室から > 『お互いを尊ぶ教会』Ⅰテモテ 5:1-6:2a

『お互いを尊ぶ教会』Ⅰテモテ 5:1-6:2a

・「生ける神の家」である教会で私たちは立場の違う人たちとどのように関わるべきか
・パウロは3つの具体的な例を述べる

Ⅰ.やもめ(3-16)
・夫に先立たれた夫人。社会的弱者の代表的存在だった
・教会としては、身寄りのない「本当のやもめを大事にする」べき
・もし家族がいるなら、家族が優先的に支援するべき

Ⅱ.長老(17-25)
・長老はみことばを教える教会のリーダーのこと
・「よく指導している長老は二倍の尊敬を受ける」べき
・大事な立場なので、訴えることも、新たに按手することも慎重に判断する

Ⅲ.主人(6:1-2)
・主人がクリスチャンであろうが、なかろうが全ての尊敬をもって仕える

結論:3つの例に共通しているのは相手を「尊ぶ」”honour”こと。立場は違えど、神のかたちとして造られた人としてお互いを尊ぶ教会でありたい。

October 14th, 2018 (Sunday)

ページの先頭に戻る

【教会連絡先】
〒168-0065 東京都杉並区浜田山1-2-19
03-5317-8210 (FAX兼用)

永福南キリスト教会

永福南キリスト教会は、聖書信仰に基づく福音主義のキリスト教(プロテスタント)の教会です

Copyright © 2011-2019 Eifuku-minami Christ Church, All Rights Reserved.