ホーム > 牧師室から > 『主の心にかなったノア』創世記 6:1-7

『主の心にかなったノア』創世記 6:1-7

ノアは衆人環視、孤立無援な状態に置かれたのでしょうか。何が彼に長い時間をかけても箱舟を造ることを可能にしたのでしょうか?第一に、「信仰によって」。その信仰とは神のことばへの信仰です。神の口から出る一つ一つのことばにより、この世界は造られました。その神の力あることばがノアに語られ、箱舟の建造が命じられノアは従いました。たとえそれが人間の知恵と力をはるかに超えた及びもつかないものに思われても。ノアは「すべて神が命じられたとおりにし、そのように行った」(創 6:22)のです。そして、コツコツと何年も何十年もかけて箱舟の製作に専念しました。その神のことばへの聴従が彼と家族を救うことになりました。教会を建て上げることも同様です。

第二に、ノアに箱舟の建造を可能にさせたもの。それは愛です。「恐れかしこんで家族の救いのために箱舟を造り」とあるとおりです。確かに、創世記 6:14で神はノアに「あなたは自分のために、ゴフェルの木で箱舟を造りなさい」と仰せられました。しかしノアにとって、自分のために箱舟を造ることは、家族のために造る以外の何ものでもありませんでした。それは激しい労役ではあっても、苦役とはなりませんでした。そこに家族への愛があったからです。

January 7th, 2018 (Sunday)

ページの先頭に戻る

【教会連絡先】
〒168-0065 東京都杉並区浜田山1-2-19
03-5317-8210 (FAX兼用)

永福南キリスト教会

永福南キリスト教会は、聖書信仰に基づく福音主義のキリスト教(プロテスタント)の教会です

Copyright © 2011-2018 Eifuku-minami Christ Church, All Rights Reserved.