ホーム > 牧師室から > 『姦淫の女』     ヨハネ8:1-11

『姦淫の女』     ヨハネ8:1-11

姦淫した女を断罪し、イエス様のもとに連れてくるパリサイ人の質問は、イエス様を試し、訴える口実を見つけ出すためのものでした(ヨハネ8:4−5)。

これに対し、イエス様の答えは、みごとに父なる神のご愛と義を全うするものでした(8:7)。わずかなイエス様のことばと態度に示される神の真理に女は救われ自由の身とされます(8:11)。

人の罪を赦さず自分を義とするパリサイ人の偽善、問われる罪の扱い、罪を犯した者のなすべきこととその解決など、ここから私たちも多くを学ぶことが出来ます。

裁きを免れない罪の中に解決なく生きる人間の現実の姿と、キリストを信じる者に与えられるすばらしい真理と自由の鮮やかな対比を知り、神の恵みに生きる者とされたいと願います。

September 3rd, 2017 (Sunday)

ページの先頭に戻る

【教会連絡先】
〒168-0065 東京都杉並区浜田山1-2-19
03-5317-8210 (FAX兼用)

永福南キリスト教会

永福南キリスト教会は、聖書信仰に基づく福音主義のキリスト教(プロテスタント)の教会です

Copyright © 2011-2017 Eifuku-minami Christ Church, All Rights Reserved.