ホーム > 牧師室から > 『残るところなく示された愛』 ヨハネ13:1-15

『残るところなく示された愛』 ヨハネ13:1-15

それで、主であり師であるこのわたしが、あなたがたの足を洗ったのですから、あなたがたもまた互いに足を洗い合うべきです。         (ヨハネ13:14)

 イエスさまは、弟子たちの主であり師であるお方です。この世の常識や価値基準では仕えられる立場です。しかし、仕えられるお方が仕える者となられました。しかも、奴隷として仕える奉仕をされました。

イエスさまは弟子たちの足を洗って、模範を示されました。そして弟子たちにその模範にならって、「あなたがたもまた互いに足を洗い合うべきです」と言われました。「洗い合う」のですから、そこには洗ってあげることと、洗ってもらうことの両方があります。洗ってあげるのはいいけど、洗ってもらうのはイヤとか、その逆に洗ってもらうのはいいけど、洗ってあげるのはイヤというのではありません。仕えることと仕えられることの両方が求められています。

これは教会生活の中でも、とても大切なことだと言えます。人からしてもらうことばかり求めていて、人にしてあげることをいっさいしないとしたら、どうでしょう。逆に、人にしてあげるばかりで、人からしてもらうことを拒むとしたらどうでしょう。人からしてもらう時、受ける謙遜が問われます。人にしてあげる時には与える謙遜が問われます。受ける謙遜と与える謙遜の両方の謙遜があって、互いに仕え合い、互いに喜び合い、互いに愛し合うことができます。

October 1st, 2017 (Sunday)

ページの先頭に戻る

【教会連絡先】
〒168-0065 東京都杉並区浜田山1-2-19
03-5317-8210 (FAX兼用)

永福南キリスト教会

永福南キリスト教会は、聖書信仰に基づく福音主義のキリスト教(プロテスタント)の教会です

Copyright © 2011-2017 Eifuku-minami Christ Church, All Rights Reserved.