ホーム > 牧師室から > 『私が弱いときにこそ、私は強いからです』 Ⅱコリント12:9-10

『私が弱いときにこそ、私は強いからです』 Ⅱコリント12:9-10

導入:弱さを隠し、能力を誇る私たち。それを評価する現代社会。
背景:・コリント教会の問題:行いを誇り、パウロより優れていると主張した偽教師達
    (10:12-18)
   ・2コリントの執筆目的:パウロの使徒性の弁明
   ・11章から続くパウロの「誇り」苦難(11:16-33)、パウロが見た幻(12:1-6)

1・パウロに与えられた棘 (7-8節)
 最後にパウロが誇ったのは自らの弱さ
 高慢にならないように与えられた「棘」
2・恵みは十分(9節)
 「去らせてください」という祈りへの答え=私の恵みはあなたに十分である
 パウロの祈りの過去形と答えの現在性。今までもこれからも「十分」な神様の恵み
3・キリストの力が私を覆う(9節)
 弱さのうちに現される神の力(1コリント1:18)
 自分の弱さを誇る=開き直りではなく自分の力を手放し主に委ねること
4・弱い時に強い(10節)  
 「キリストのゆえに」困難さえも喜びとなる
 弱いものを用いられる時に現される主の栄光(1コリント1:27-31)
 「私」の強さではなく、キリストを通して神の栄光が現される

結論:弱さを隠し、自らの功績を誇る社会の中で、キリスト者はキリストのゆえに自らの弱さを誇る。弱さを認め、主に依り頼む時に私たちではなく神の栄光が現される。

July 14th, 2019 (Sunday)

ページの先頭に戻る

【教会連絡先】
〒168-0065 東京都杉並区浜田山1-2-19
03-5317-8210 (FAX兼用)

永福南キリスト教会

永福南キリスト教会は、聖書信仰に基づく福音主義のキリスト教(プロテスタント)の教会です

Copyright © 2011-2019 Eifuku-minami Christ Church, All Rights Reserved.